キレイと元気のエッセンス ホーム » アイカラー・アイシャドウ »うるツヤの女優肌になれる落ちにくいアーティストシャドウ

うるツヤの女優肌になれる落ちにくいアーティストシャドウ  

水に入っても落ちないメイク

俳優、女優のためのプロ仕様に作られた化粧品ブランド、
MAKE UP FOR EVERさんの新作発表会に参加させていただきました。

P1160431.jpg

気になっていたブランドなのですが、実際使うのは初めてで興奮しまくり(^o^)

なぜ気になっていたかというと、シンクロナイズドスイミングの選手が使うメイクがメイクアップフォーエバーだと聞いていたため。
水の中で、あれだけのパフォーマンスをしても落ちないってすごいですよね。
あれは、ウォータープルーフ製品(ミスト&フィックス)など崩れない製品として作られたものなんですって。

実は高校2年生の娘はダンス部なのですが、同じ部活の仲間でセミプロとして踊っているお友だちが、やっぱりメイクアップフォーエバーのアイテムを使っている、というではないですか。

しかも専属のメイクアップアーティストさんが、レディ・ガガやマドンナ、ベッカム夫妻などのメイクを担当していうというのですから舞台で栄えるだけでなく、激しいパフォーマンスにも耐えうるメイクだということがわかります。

P1160450.jpg

今回は最新作のアーティストシャドウを中心に、明るく長持ちするメイクについて教えていただいたことをご紹介いたします!

ポチッとクリックしていただけるとうれしいです<(_ _)>
 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


シャドウを塗るだけでくすみを飛ばし、明るいツヤ肌に

こちらの3色は新作発表の記念にいただいた最新作のアーティストシャドウ。
ふだん使える使いやすい色味で揃えてくださったのかと思いますが、すぐ使わせていただくことができました。

P1160661.jpg

左からI-414 (I=イリディッセント=玉虫色、虹色というように傾きによって光り具合が変わる)
まん中はM-536  (M=メタル 酸化メタルと黒の色素を配合)
右はD-826 (D=ダイアモンド=ダイアモンドのようなきらめきが特長)

アーティストシャドウは、パウダーですが、水と混ぜ合わせて作られた独自処方のため、ぱさつきません
ふででお肌に色をのせていくとパステルで色をつけるような、とっても柔らかい感触。

発色がよいので、ステージに立つわけでない私などは、さっとなでる程度に顔にのせるだけで、パッと肌が明るく見えるようになります。

ことに「I-414」は、ハイライトなどに眉山のてっぺんや、下まぶたのあたりとかにちょこっとのせるだけでもくすみが飛んで見えます。

発表会の席ではいろんな色をためせたので、肌にのせてみました。
1番のオススメは(私の好みですが)ハイライト、および、ほんのりチークとしては「I-902」が素晴らしいと思いました。
これは後日、ぜひ買いたいアイテムです。

アイシャドウとしては、自然な深みが出る「ME-614」と、「D504」がとってもいい色でした。


全色111色、ダイアモンド、マット、メタルなど5つの質感で


創立30周年となる今年全面リニューアルで販売するアーティストシャドウ。
全111色でサテン、メタル、イリディッセント、ダイアモンド、マットという5つの質感を選べるのが魅力です。

色の鮮やかさ、使いやすさは評判どおりなのですが、くすみが気になるアラフォーにとっては、さっと塗るだけでしっとりしたツヤ感をプラスできるのは大きな魅力です。

パール配合のメタルや、自然なきらめきを演出するダイアモンドなどをお顔にのせると、それまで乾いたようなお肌がうる、つやっと見えるんです


落ちないメイクとして人気が高いメイクアップフォーエバーは、もともとは芸術家を目指していた創業者ダニー・サンズが、女優や俳優、モデルのメイク用に、プロ仕様として独自に作りあげたメイクアイテム
どれだけ舞台映えするか、映像に美しく映るかを徹底的に研究し作りあげたものだそうです。
顔にとどまらず身体中にペイントを施すボディアートなど斬新なアーティスト活動によって注目を集め、世界でも人気のブランドに。
映画や舞台でのメイクのほか、シンクロナイズドスイミングの選手が使用している

P1160422.jpg

メイク、ボディメイクなどのために多色で、発色のよいバリエーションがたくさんあります。
今回のリニューアルしたアイテムも、アイシャドウとありますが、メイクアップフォーエバーのアイテムは使うのに約束ごとってないんです。

だからアイシャドウとして、チーク、アイブロウ、ハイライト、リップとしても使えます。

P1160498.jpg


新作発表会では、メイクアップフォーエバーのエデュケーションマネージャーAKIKOさんが、モデルさんにカラフルなメイクとボディメイクを施してくれました。

ホントに絵を描いているような筆使い。
粉っぽくなくて自由にふでを使えるのと、描いたとおりに写真や映像に写るのが大きな魅力だとおっしゃっていました。

P1160522.jpg

メイクが完成したモデルさん。手前の映像と見くらべてみてください。
それから、目の下の、頬の高い部分のツヤ感がいいなあと思いました。いかがですか↑。
I-902をつけたら、こんな感じになりましたよ~。

下まぶたのくすみ、赤みを消すために使う色とは?

P1160527.JPG


AKIKOさんとモデルさんにポーズをとっていただきました。アーティスティックですよねぇ、モデルさん。

AKIKOさんから、アラフォー、アラフィフのメイクのコツも教えていただきました。

いつも気になる「下まぶたの赤みはどうしたらいいか」と質問したんです。

すると、なんと、黄色とか、黄緑色のように赤の補色になるような色を下まぶたのキワにつけるとよいと教えていただきました。

ふつう、なかなか手が出せない色ですよね、黄色や黄緑って。

でもその場でひいていただいたら、一瞬でうるっとした印象に!
黄色や黄緑を使うと、くすみを飛ばす効果があるんですって。
まったく考えていなかった色だったので、驚きました。

お隣にいらしたブロガーの女性が、「うるんでいるみたいでとってもいいですよ」と誉めてくれました。
御世辞でもそういわれるとうれしいです(^_-)

でもAKIKOさん一番のオススメはアクアアイズ(ウォータープルーフアイライナーペンシル)がいいんですって。
これはまぶたのキワにのせてOKのように作られたもので、コンタクトレンズをつけている時も、敏感肌の人も使える処方で作られていて、眼科医テスト済み(全ての方にアレルギーが起きないというわけではない)のアイテムなんですって。

公式サイトはこちら→MAKE UP FOR EVER

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ポチッとクリックしていただけるとうれしいです<(_ _)>
 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

関連記事

category: アイカラー・アイシャドウ

thread: ヘアケア&スキンケア&コスメ情報

janre: ヘルス・ダイエット

tag: くすみ,メイク,アイシャドウ,アーティストシャドウ,メ 
tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

最新記事

カテゴリ

メールフォーム

月別アーカイブ

▲ Pagetop