キレイと元気のエッセンス ホーム » スポンサー広告 » ローフード »抗酸化成分が豊富で悪玉コレステロールを減らし、美肌にもなるオリーブオイル

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

抗酸化成分が豊富で悪玉コレステロールを減らし、美肌にもなるオリーブオイル  

オリーブオイルの勉強会に参加してきました。

オリーブオイルは体の酸化を抑えたり、悪玉コレステロール(LDL)を減らして善玉コレステロールを維持したりするということで、どんなものがよくて、どんな風に使えばよいか知りたかったためです。

お話しをうかがったのは、ギリシャのクレタ島の有機栽培のオリーブオイルを輸入販売するBiojoyの代理店「七栗村」代表の飯田博さん。三重県の津市で、特産の黒にんにくなどを作って販売もされています。
会場は練馬区のコミュニティサロン、チャイハナさん。

P1270884-450.jpg

日本では、健康志向の高まりで、オリーブオイルの輸入量が20年前の1993年の8トンから、2013年には37,436トンと増えて、私もそうですが、皆さんのお宅にも必ずありますよね(^^)
どんなふうに使われていますか?
オリーブオイルには、高いものから安いものまでいろいろありますが、違いなどをご存じですか?
私はよく分からなかったんですが、今日お話しうかがってよ~く分かりました(^^)
やっぱり少しずつでもとった方がいいんだな~と思いました。
オリーブオイルってどんな油?


油には大きく2種類あって、1つは日本でよく使われている種の油。
種の油は大豆や菜種、コーン油、胡麻油など種を加熱して精製して作る、人の手が加わった油です。
それに対し、オリーブ油やパーム油というのは果肉を絞っているので、どちらかというとジュースのようなものだとか。
加熱、精製していないのも特長です。

油が含んでいる脂肪酸には、リノール酸、リノレン酸、オレイン酸、という3つがありますが、種子油は酸化しやすいリノール酸やリノレン酸を多く含みます。天ぷらなどをすると黄色くなっていくのは、酸化しているため。

一方、オリーブオイルはオレイン酸が主成分で、こちらは酸化を抑える抗酸化成分が豊富です。
そのため、アンチエイジングによいと言われるのです。

オリイーブオイルの特長は次のとおりです。

1.抗酸化のオレイン酸が主成分
2.オレイン酸は悪玉コレステロール(LDL)を減らして、善玉コレステロールを維持する。
3.食用と美容の両方に使える。ポリフェノールやビタミンEが豊富。



P1270867-450.jpg

オリーブオイルって本当に体にいいの?


地中海式ダイエットというのを聞いたことがあるかもしれませんが、これはアメリカの研究家が、地中海の食生活を研究し、バランスがとれたよいもので、健康向上やダイエットによいとしてブランド化されたもの。
これは和食よりも先に、世界無形文化遺産に指定されているんです。

1950年代に、キース博士というアメリカの学者が、アメリカ人の肥満を大事にみて、各国の食生活の研究をしたそうです。
7か国の食生活を徹底的に調査した結果、たとえばアメリカやフィンランドなどは肉食が中心でバターを使う食生活でした。
それに対し、地中海の食生活は、肉より魚、野菜をたっぷり。バターではなくオリーブオイルを摂取。
さらにチーズ、ヨーグルト、ワイン、はちみつといったものをとっていました。
特にクレタ島は心臓疾患が圧倒的に低いという結果があり、オリーブオイルがコレステロール値を下げていることが確認されたのです。

オリーブオイルは、抗酸化作用のみならず、老化防止、高血圧、動脈硬化などの心臓疾患の予防などにはもってこいのオイルだということが分かったのです。

さらにスゴいのは、食すだけでなく、フェイシャルケア、スキンケア、ボディケアに使えると言うこと。
それから毎日とることで、皮膚につやがでて、ハリが出て来るということなんです。
これは小豆島(オリーブオイルを作っている)の老人施設の方に、週に2回、お風呂の後にオリーブオイルを塗ってもらったところ、数カ月したら肌につやが戻ったということも(NHKの特集で紹介。たぶんあさイチだったと思うんですが…)実例も。

今日も、お肌につけてみた人のお肌はしっとり潤っていました。
べたべた? いえしていませんでした。ニオイもなくて。し~っとり。

オリーブオイルの上手な利用法


まずとっても簡単なのは、パンを食べるとき、バターやマーガリンの代わりにオリーブオイルに変える。
おいしいお塩をぽっちり入れるととってもおいしいですよね。

P1270889mini.jpg

サラダのドレッシングにオリーブオイルを入れるとか、そのままかける。
炒めものやスパゲティを作ったあとに、最後にたらりとかける、などなどとっても簡単です。
おみそ汁に入れたり、納豆に加えてもOK。

オリーブオイルには、品質の違いがあって、エキストラ・バージンオリーブオイルというラベルがついているものは、加熱せずに食べるのがオススメです。
比較的リーズナブルなお値段で買えるピュアオリーブオイルというのは、炒めものなどに向いています。

飯田さんがおっしゃるには、「とにかく今使っている油を全部オリーブオイルに変えると、お肌もツヤツヤ、コレステロール値も正常値になって、長生きする」とのこと。

今回は、コレステロール値を気にしている父にプレゼントするために完全有機栽培のエキストラ・バージン・オリーブオイルBiojoyを購入しました♡ 飲んでくれるといいなあと思っています。
→1900円以上のお買物で送料無料のLOHAKOロハコでもエキストラバージンオリーブオイル買えます(^^)→エキストラバージンオイル/ロハコ

オリーブオイルをスプーンで大さじ2杯飲むとよいとされていますが、そのまま飲むのはつらいという人には、ソフトカプセル入りのオリーブオイルを飲むという手も。
私も試してみましたので、参考にしてください。感想はこちら→お肌のハリツヤアップとコレステロール対策にオリーブオイル

オリーブオイルについては、いろいろな精度や、保存期間などについても聞きました。
こちらをご覧ください →オリーブオイルの種類・等級別使い方、保存法、賞味期限について

ポチッとクリックしていただけるとうれしいです<(_ _)>
 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
関連記事

category: ローフード

thread: 美容・健康・アンチエイジング

janre: ヘルス・ダイエット

tag: オリーブオイル,  コレステロール,  アンチエイジング 
tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

最新記事

カテゴリ

メールフォーム

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。