キレイと元気のエッセンス ホーム » スポンサー広告 » ボディケア・よい姿勢 »筋トレ、ジョギング不要で、よいスタイルをキープする方法

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

筋トレ、ジョギング不要で、よいスタイルをキープする方法  

ビシッと姿勢よく立つ。それでOK

本日は野球部の息子が柔道の練習で右手の小指を脱きゅうし、整形外科にお世話になりました。

そこの先生は50年間、空手を続け、1日300回の腕立て伏せと腹筋をしているということで、背筋がぴーんとしてスマートな方でした。50年間1キロも体重が増えていないということで、びっくり。
そんな中で、
「ウォーキングやジョギングは、膝を痛めるだけ」という話をきき、「じゃあ運動せずに、筋肉を保ち、健康でいるにはどうしたらいいんですか?」と尋ねてみました。

すると、いただいたのが以下の通り。

1.足を肩幅に開いてまっすぐ立つ
2.胸を張り、肩をややうしろに
3.おなかを引っこめる
4.お尻の穴を引き締める
5.頭のてっぺんを、天に引っぱられるイメージで体を伸ばす
6.アゴを軽く引く

要するに、ぴーんと体を引き締めて立つ、よい姿勢です。

こうして立つと、背が高くなったように見えます。
胸、肩甲骨まわり、おなか、お尻、すべての筋肉が引き締まっているのがわかり、体が熱くなってきました。

「これを、起きている間中、ずっとやっていれば、老後だって絶対に寝た切りにならない。
老後が怖いのは、動けなくなるからで、そうならないためには、いまからいい姿勢で筋肉をつけるのが一番なんです。」

とのこと。ウォーキングやジョギングは、ブームだからみんながやっているけれど、足腰を故障する人も多い。

筋肉を引き締めて立つとウォーキングと同じくらい筋肉を使うから代謝も活発に

私のようにあまり運動しない人間は、ダメで、親にも「歩いた方がいいわよ」としばしば言われていて、でもできない自分が情けないなと思っていたので、今日の先生のお話はたいそうありがたかった。

もともと腹筋に力を入れて背筋を伸ばす、というのは、ちょこちょことは意識していたので、これならできそうだし、わざわざ外にでなくてもウォーキングと同じくらい筋肉を使えて、スタイルも保てるならがんばりますよ!
がんばましょうよ!

整形外科の先生のお話はいろいろおもしろくて、「今度トークショーなどを開催したらどうですか」というと、「無理無理」とおっしゃっていました。
何が無理かというと。。。「どんな話をしても、うんうん、といいながら、やる人は1000人に一人いるかいないかですよ。この子は1000人に一人の逸材だ(背筋を伸ばして診察室に座っていた息子がほめられた・笑)」

なんですって。私は1000人に1人になりたい。継続できるかが問題。あなたもぜひ1000人に1人となって、ナイスバディを楽々手に入れてくださいね。

ポチッとクリックしていただけるとうれしいです<(_ _)>
 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


関連記事

category: ボディケア・よい姿勢

thread: トレーニング

janre: ヘルス・ダイエット

tag: 姿勢をよくする,  姿勢よく立つ,   
tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

最新記事

カテゴリ

メールフォーム

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。