キレイと元気のエッセンス ホーム »英語学習法
カテゴリー「英語学習法」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

アメリカ人の生活を学びながら、ホントに使える英語を磨く  

通訳案内士になって初めてのお仕事をいただきました。しかも10日間のスルーガイド(グループさんに同行して10日間ガイドすること)でした。
成田空港でお迎えして、富士箱根から京都奈良、広島、金沢、立山アルペンルート、長野、東京というルートで学ぶことの多いツアーとなりました。

IMG_6988.jpg
(写真は海外旅行者向けのバスツアーに参加したものです)

仕事を終えて、ますます英語をブラッシュアップさせたいという気持ちが強くなりましたが、前回のブログ「英会話の上達のためのオススメ学習法 」でご紹介した勉強法は、とっても有効だと思いました。
アメリカの常識を英語で学ぶ eラーニング講座

canaan Academy2 (8)

自分の考えを深めることで、自信を持って英語を話せるようになる


カナンアカデミーのプログラムで私がもっともポイントが高い、と思うのは、自分が育った日本や文化、考え方を振り返って、考えを深めることができること。それを英語で表現できるようになること。

前のブログでも書きましたが、話が詰まってしまう、話すことが見つからないというのは、英語を話す話さない以前の問題となります。なので、自分について、日本について、家族について、趣味について、きちんと伝えられるようにしておきたい。

そういう気持ちで、Lesson2に取り組みました。その中では、アメリカ人についての暮らしについて、目からウロコの情報が得られました。
Lesson 2 は、前回のLesson1にも増して、アメリカ人の暮らしや教育、生活習慣に深く踏みこんだ内容になっていました。内容を聞いているだけでもすごく興味深い。テレビや映画で触れるアメリカ人の生活は、ほんの少しの「アメリカっぽい印象」なんだと改めて気付きました。なので、案外、映画やドラマが好きな方にも、素のアメリカ人の生活に触れるという意味で、新鮮かもしれません。

canaan Academy2 (1)

本当のアメリカ人の暮らしを知って、日本の暮らしと比べてみる


アメリカの子ども達ってすっごく自由でオープンな感じがしました。でも実はそうでなくて、大学に入るまでは親が学校へ送り迎えするなど随分親が関わっている事がわかりました。プラス、アメリカの赤ちゃんが一人で眠るシーンなど、テレビでよく見ますが、あれって、やはり赤ちゃんが一人で眠れるようになるまでには訓練の期間があるんですって。そのほか、意外なアメリカ人の普通の暮らしを知り、驚きました。

canaan Academy2 (2)

そのうえで、日本ではどうなのか。日本で子どもが成人したと言えるのはいつだと思いますか? そんな問題をときながら進むレッスンはとても興味深かかったです。

canaan Academypg4

ワンランクアップするスマートな自己紹介英語をマスターしよう


自分の経歴や仕事について、どういえばアメリカ人や海外の人にストレートに伝わるか、もわかりました。案外答えられそうで、的を得ない答えにならないためにどんなところに気をつければよいか、がわかりました。

自分に振り返って見るので深く考える。考えるから、考えが定着する、さらに、どうやって英語で表現するかわかる。だんだん人に話したくなる。自信を持ててくる感じ。

canaan Academy6

また、あなたは自分の経歴のことを、どうやって伝えますか? ○○大学を出て、○○株式会社で働いています、というのが日本では案外多いかもしれませんね。でもそれだと、海外の人にはしっかり伝わらないことが多いのだそうです。その伝え方も今回私も学びました。自分自身すとんと腑に落ちた感じ。
わかっていそうだけれど、そうでなかったことを、わかりやすく伝える英語がわかりました。

canaan Academy5

3回提出できるエッセイ課題。文章力、文法力をぐいぐいアップさせよう


そして今回も、仕上げはショートエッセイと、エッセイです。

テーマは、日本人は、子どもをどんな子になってもらいたいと思っているでしょうか、というようなものでした。
なかなか難しいですが、モデルアンサーを見習いながら埋めていきます。自分の考えを入れ込みながら。

canaan Academy7

翌日にはまたフィードバックをもらうことができました。フィードバックが早いのは、書いた私にとってはありがたいです。間が空いてしまうと、何を書いたかよく覚えていなくなってしまいますから。
また、今回も丁寧に冠詞や複数単数のあたりをチェックしていただき、説得力のある文章にするためには、ブレのない内容を入れ込むことが必要だということも指摘していただきました。(以下はフィードバック赤字の一部)

canaan Academ8

Aをいただくのはなかなか難しく、前回もそうでしたが、今回もB。こちらを修正して、あと2回提出することが可能です。
内容を変えて見てもらうのもOK。やはり冠詞や複数、単数というところは間違いやすいので繰り返し書いて、見てもらうことができるのはありがたいです。一度間違えて直したくらいでは定着しないので、ホントに回数を重ねて練習できるのはありがたいシステムと言えます。

半年でアメリカ人と対等に話をしてみたい人に、チャレンジしてみてほしいeラーニング


カナンアカデミーの英語講座は、英検3級、TOEIC400点代の人が、週1~2時間の学習で6か月後にはアメリカ人と対等に話ができるように作られたeラーニング。
特にオススメの方は、
・外国人と仕事をする機会もありながら、なかなか上手にコミュニケーション取れずもどかしく感じる方
・Toeic の点はとてもいいのに、いざ話すとうまくいかない方
・アメリカに赴任することになった!
・アメリカ人の恋人と愛を語り合いたい方、などにぴったり。

ネイティブのきれいな英語で紹介されるビデオ講座を見聞きして、クイズに答えたりエッセイを書くことで着実に力をつけていくことができます。

英語力のみならず、スムーズなコミュニケーションに必要なアメリカの常識を吸収することもできるので人間関係を深めることも容易になります。
カナンアカデミーeラーニングの魅力!
外国人と話すネタを自分で作ることができるようになる

敏感な話題、気をつけるべき話題、積極的に主張するべきポイントが理解できる

ネイティブとの価値観と会話スタイルを理解できる



また24時間365日受講できて何度でも聴き直せる、エッセイ、クイズの提出は3回くりかえせる、丁寧な添削をしてもらえるので文法もブラッシュアップされる!

英語は好き、でももう少し、あと一歩、英語に磨きをかけて自信をもって「英語ができる!」と言いたい方に絶対オススメ。

6クラス、クイズ、エッセイ2種類を3回ずつのコースが、24000円! このプログラム内容で2万円台というのはかなりお得感アリです。話のネタを仕入れたい、話題を膨らませたい、そんなあなたにもオススメです。
公式サイト→カナンアカデミーアメリカの常識を英語で学ぶ eラーニング講座
スポンサーサイト

category: 英語学習法

thread: 語学の勉強

janre: 学問・文化・芸術

tb: --   cm: 0

英会話の上達のためのオススメ学習法  

英語でのコミュニケーション力を上げるために効果的な勉強法はどんなものだと思いますか?

私は去る12月に全国通訳案内士の試験に合格して、喜んだのも束の間、こんどは実践で海外の旅行者を案内するために、英語をブラッシュアップしなきゃ!との切迫した問題にぶち当たっています。

これまで、編集の仕事で海外に取材に行ったり、海外からの旅行者に東京を案内するボランティアガイドなどをしていました。学生のときにアメリカ留学を経験したので、簡単な日常会話は問題がないのですが、きちんとしたフォーマルな英語はどうか、というと満足できない、というのが実状。
TOEICも、860止まりで、900の壁が厚すぎる… 

f53c0038d070f912b37219451b32b38d_s.jpg

なので、これまでもボキャブラリーや翻訳の力をつけて英語を学ぼうと、翻訳学校に通ったり、シャドーイングや、和英英和会話の瞬発力をつける本などを買って自己流で勉強する努力をしていました。でも、なかなか続かない…、しかもこの方法がよいのかわからない、それでもって実力伸びるのを実感できない…わけで。あなたはそんなとき、どうしますか?

今日は、これまで私が勉強したのとかなり異なるアプローチで英語力をつける勉強法を、実際受けてみた感想をご紹介します。

微妙なニュアンスまで英語で伝える力をつける


英語の上達は、英語のボキャブラリーや文法、会話などそれぞれのスキルを磨くのが大事ですね。それはもちろんなのですが、あと何が必要だろう、と思ったときに思い出したのが、「話したいこと、があること」。自分自身に伝えたいことがあれば、一生懸命になって伝えようと思うから、案外伝わる。そういうことは、以前英語のエキスパートの人に聞いたことがありました。

そんな「伝えたいこと」を身に着けて、英語力ものばせる一石二鳥の講座を発見。

サイトには、なんと「6か月後にアメリカ人ネイティブと対等に話ができるようになる」という頼もしいコピー。
公式サイト→カナンアカデミーアメリカの常識を英語で学ぶ eラーニング講座

ネイティブの思考回路を学べば、コミュニケーションが怖くなくなる


カナンアカデミーが力を入れるのが、
1.自分が伝えたいことを英語で伝えるアウトプット力
2.ネイティブの価値観や会話スタイルを理解すること

勉強方法はシンプルなのですが、その英語での内容を、自然に定着させる行程がいいと思いました。

e-ラーニングなので、自分の好きな時間に勉強できるのも、もちろにいいです。
しかも、マイページにログインすればスタートできるので、家のパソコンでもできるし、電車の移動中にスマホで勉強できるのもgood.

内容は6つのクラスを受講して、各クラス終了後に、理解しているか確認するクイズがあります。

クラス1. Introduction 英語ネイティブのコミュニケーション方法
クラス2. The American Life アメリカ人の家庭生活と教育
クラス3. Important Issues & Taboo 社会問題とタブー
クラス4. American History アメリカの歴史
クラス5. American Religion アメリカの宗教
クラス6. American Values アメリカ人の価値観


クイズのあと、1文程度で答える質問と、エッセイがあり、それぞれ3回まで回答ができ、エッセイにはそれぞれネイティブ講師の添削が入ります。なのでかなりの量の英文を書いて、冠詞や単数複数、文法などのチェックをしてもらえるんです。それがスゴく丁寧。

世界を広げる学びを提供する「カナンアカデミー」<br />簡単・手軽・すぐに始められる「英会話eラーニング講座」<br />いつでも・どこでも スマートデバイスで可能性広がる

私は、初回の1コースを終了しました! 内容がすごく興味深い。
アメリカ人の思考や会話の特徴など、「確かに! あるある!」という話や「えーそうだったんだ!」というおもしろさや意外さがちりばめられていて、20分聞いていて全然飽きない。

レクチャーを見て聞いて1日1時間、2日目にクイズとエッセイに挑戦して1時間弱かかりました。
初回のレクチャーは、eラーニングのやり方に慣れる時間もあったので、1時間かかりました。

20分程度のレクチャーを見て、英語ネイティブの、コミュニケーション方法を学びました。そのなかで、論理的に物事を考える事が大切なこと、自分の意見を持つこと、わかりやすく説明することが大切ということを学びました。
Eラーニングの講師の英語は、クセがなく、聞きやすく、すっと耳に届いてきます。
初回の内容では、アメリカ人の思考と日本人の思考が違うところ、英語でのコミュニケーションは、相手の思考のクセを知ることで、こちらも対応しやすくなるなどを聞き、たびたび整理をして「ここが大事なポイント」と明示してくれるので、レクチャーが終わるまでには、自分の頭の中燃すっきり整理できます。

↓ネイティブのリーディングと文字で学べるレクチャーの一場面。イラスト入りでわかりやすいです。
canan-1.png
アメリカの常識を英語で学ぶ eラーニング講座

会話する相手を知ってコミュニケーションをとりやすくする、そんなノウハウを、繰り返し、内容を少しずつ変えながら、またわかりやすい例を取り上げながら、レクチャーしてもらえました。こういうレッスンは、これまでになかったのではないかな。

レクチャーでは、あまり難しい単語が使われているわけではないのですが、「あれ、この言葉はなんだっけ?」と思う言葉にドンピシャリ適切な訳が添えてあるんです。とはいえ、それほど訳が多いワケではないので、読んでいて、「あ、案外理解できている」と思えたのも、嬉しいポイントでした。
システム上、肯定感がもてるように作られているのかもしれません。
レクチャーの英語と日本語を書き出したテキスト資料もあり、紙ベースで丁寧に読み込むことも可能。

↓紙ベースのテキストでじっくり読み込むこともOK。
canan-2.jpg

また、クイズ→ショートクイズ→エッセイという3段階の課題があるのも非常に斬新です。クイズは10問で、選択式で、自分の記憶力を試す形で、楽しくチャレンジ。私は10問中9問正解でB判定でしたが、3回までできるので、次はAです!

↓10問クイズの一場面はこんな感じ。クリックして解答を選びます。
canan-3.jpg

そして、ありがたいと思ったのはエッセイの添削です。

まず、レクチャーの内容をもとに課題が出されるのですが、最初は「どうやって書いたらわからない」とビクビクしておりましたが、「こんなふうに書けばいいんだよ」という定型を提示してもらえます。なので、穴埋めをする要領で、レクチャーできいた言葉で埋めたり、プラスアルファで自分の考えを加えて書いていけば、なんと、エッセイがかけてしまうんです。自分でもびっくりするくらい、レクチャーで聞いた内容が頭にのこっていて、比較的スラスラと書くことができましたよ。

提出後、なんと翌日には添削が戻って来ました! なんど、B判定ながら、「よく書けています! この調子で」と励ましの言葉も。
冠詞や単数複数などの細かい赤字に加え、考えの提示の仕方について、こうしたらより説得力あるいい方になる、など丁寧なアドバイスがあり、ありがたかったです。
先生からのメッセージは、何歳になっても嬉しいものですね。

↓ブロークンな英語なのがバレバレで恥ずかしいですが、丁寧に添削してもらったエッセイ。

canan-4.jpg
アメリカの常識を英語で学ぶ eラーニング講座

こちらが受けるだけの講座ではなく、レクチャーに対してこちらもクイズやエッセイで考えたり、書いたりしなければならないところが、大変と思えば大変ですが、身につくと思えばかなりおもしろいところ。

しかも、内容が、アメリカ人の思考のクセとか、家庭生活と教育 など、コミュニケーションのときにネタとして使えることを深められるのが楽しいポイント。今度、海外からの旅行者が来た時にもすぐ使えるネタとしてストックすることもできるわけで、なんだか話が膨らみそうで楽しみです。

ちなみに先日は、はとバスの外国人向けのツアーで富士箱根に行ってきましたよ。となりに座ったのはハンガリーからのかわいい女の子。出発から帰宅までずっととなりで話していました。カナンアカデミーの講座が生きているかな。お互い質問したり、答えたり。ハンガリーに行ってみたくなりました(^^)

↓はとバスのツアーバスの中。インドネシアやインド、アメリカなど各国の旅行者で満員!
IMG_5264.jpg

英会話だけでなく、エッセイを書く中では、SNSでの海外の人とのやり取りにも自信が持てそうです。日本人に苦手な冠詞や複数単数をきっちり直してもらえるので、同じ間違いをしないように気をつけて、正確な英語のやり取りができるようにしていけたらいいな、と思います。

また、2回目のクラスが終わったら、感想をアップしますね!

チャレンジしやすい授業料でネイティブと対等に渡り合える英語力を身に着ける


カナンアカデミーのコースは、全6クラス。それぞれに20分程度のレクチャーを聞いて、確認クイズ、ショートエッセイ、エッセイの3つに、それぞれ3回ずつトライできます。エッセイは、初回に赤字をもらった直しを提出してもいいし、まったく内容を変えて提出してもOK。ネイティブ講師のきっちりした添削が入るので、きちんとした英文を学べます。それを頭にインプットしておけば、正しい会話につながるというわけ。断然、意欲がわいてきます!

ちなみに、6クラス、クイズ、エッセイ2種類を3回ずつのコースが、24000円!
チャレンジしやすい価格設定もポイント。
でも、今なら20%引きの19200円で受講できます。
チェックしてみて!→アメリカの常識を英語で学ぶ eラーニング講座

これまでなかなか英語のレッスンが続かなかった方も、力試しのクイズや、丁寧な添削が受けられるエッセイがあれば、モチベーションがキープしやすいのでオススメ。

とにかく英単語や文法、会話のみならず、話のネタや、英語ネイティブの人と話すときのポイント、コツがわかるのは魅力でした。
私は次のクラスに進みます!

TOEIC700点あっても会話は苦手。<br />英語でのコミュニケーション能力を徹底的に鍛えるeラーニング講座そんなあなたにアメリカ人とのコミュニケーション能力を鍛える英会話eラーニング講座「カナンアカデミー」

category: 英語学習法

thread: 語学の勉強

janre: 学問・文化・芸術

tb: --   cm: 0

最新記事

カテゴリ

メールフォーム

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。