キレイと元気のエッセンス ホーム »インフルエンザ,腸内環境,光岡知足,
このページの記事一覧

朝のスッキリは健康のもと。腸内フローラを整える乳酸菌  

乳酸菌がインフルエンザや花粉にいいってどうして?

インフルエンザや花粉の時期になると乳酸菌が大事!という情報を、テレビや雑誌などでも目にします。

十代のころから便秘がちだった私は乳酸菌といえば、ビフィズス菌、ビフィズス菌は善玉菌で便秘を解消してくれる、と思っていましたからせっせとヨーグルトを食べていました(^^)
特に「生きた乳酸菌を腸に届ける」というのが大事だと思って、そうした機能のあるサプリやヨーグルトやドリンクなどをとったりしていました。

28057000735ヨーグルト

なのに、どうしてインフルエンザや花粉に聞くのかと思って、光岡知足さんという腸内細菌の権威が書いた「人の健康は『腸内細菌』で決まる!」善玉菌と悪玉菌を科学する と言う本を読んでみました。

私たちが常日頃使っている「善玉菌」とか「悪玉菌」という言葉も、光岡さんが命名しんたんですって。

先月もNHKスペシャルで、「腸内フローラ 解明!驚異の細菌パワー」として、腸内フローラを整えることで美容や健康にいい影響を与えると放送されていました。

腸内フローラというのは、善玉菌とか悪玉菌をふくむ100兆匹以上、数百種類もの細菌がつくりだす生態系のことで、光岡知足さんも、腸内フローラを良くすることが、健康の秘訣だと書いていました。

「人の健康は『腸内細菌』で決まる!」のなかでは、細菌の発見から、一日に必要な乳酸菌がとれるサプリメントについてまで書かれています。

気になっていたインフルエンザや花粉の症状をやわらげると言われているのは、ビフィズス菌などの善玉菌は、「免疫機能を刺激して整体調整のために働く(「人の健康は『腸内細菌』で決まる!」より)」という特徴があるため。

一方、ウェルシュ菌、大腸菌などの悪玉菌が増えると、腸内環境を悪化させ生活習慣病の要因になったり、便秘や下痢、肌荒れなどが引きおこされやすくなります。

加齢とともに、悪玉菌は割合が増える傾向があるということも。がーん、ですよね。

そのため腸内環境をよくして若々しく(^^)いるために、食生活を大事にすることが一番。
ヨーグルトの食べ方など、ポイントがあると書かれていたのでご紹介します♫

ポチッとクリックしていただけるとうれしいです<(_ _)>
 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

-- 続きを読む --

category: おなかの掃除・便秘

thread: 美容・健康

janre: ヘルス・ダイエット

tag: 花粉,アレルギー,  インフルエンザ,腸内環境,光岡知足,  乳酸菌,  乳酸菌とケフィアの力 
tb: --   cm: 2

最新記事

カテゴリ

メールフォーム

月別アーカイブ

▲ Pagetop